留学検討中の方

中国語が学べるワーキングホリデー台湾・香港

578 views

ワーキングホリデー協定国の中で台湾と香港は中国語圏です。言葉を学ぶ上での2地域の特徴を確認しておきましょう。

台湾では中国語の標準語と言われる北京語を使用しています。使われている漢字は中国本土が簡体字に変更しているのに対して、台湾では日本の漢字に近い繁体字を使っています。非常に親日的な国民性で、日本語を話す人や学ぶ人が多いことでも知られています。また、海外では日本文化が最も受け入れられている地域です。台湾のワーキングホリデービザの有効期限は180日と短いので注意が必要です。

一方、香港も中国語圏ですが、こちらは主に広東語が使われています。漢字も繁体字です。過去はイギリス、現在は北京政府の主権下にあり、英語も北京語も使われています。3つの言葉に同時に触れられる利点があります。アジアに於ける経済の拠点であり、非常に活気があります。

事前に日本で中国語を学ぶ場合は通常は北京語です。

(Visited 578 times, 1 visits today)

ご利用の流れ

まずは資料集めをしたいという方

資料請求はこちら!!

【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!

資料請求する
Page top
【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!
資料請求
【無料】ご希望の留学先・スタイルにあわせた、より具体的な説明を希望される方はこらちから!
資料請求