留学検討中の方

30代からでも決して遅くはない社会人留学とボランティア留学のススメ

海外留学といえば学生時代にすること、という先入観で語られがちですが、最近では30代を過ぎた世代の方々が語学留学やボランティア留学に乗り出す例も増えてきています。年齢が30過ぎてから海外留学を決行するのは確かに不利ではあります。奨学金も出ない、ワーキングホリデーも利用できない、勤めてきた会社もあるし、キャリアを捨てることになるかもしれない。そもそもこの年齢で留学してもメリットはあるの?そんな悩みもあるでしょう。でも他方では社会人だからこその利点もあります。留学に年齢制限なんてありません。利点と不利な点をよく見据えて検討を進めましょう。

2,034 views

社会人留学の決意のむずかしさと制度について

社会人留学も「20代」と「30代以降」では条件やメリット・デメリットが違ってきます。基本的にはやはり若い方が特例もあったりして留学を実現しやすい傾向があるといえるでしょう。

・20代の社会人留学
学校の留学制度や奨学金制度なども充実しており、ある程度資金面での援助が手厚く、休学や復職(企業による)のしやすさがメリットとして挙げられます。20代ならワーキングホリデが活用できます。つまり、語学学校に通学する方法だけでなく現地で就労しながら半ば独学+実地訓練の形式で語学べるわけです。20代の転職活動についても、未経験職などは30代オーバーよりはしやすいと言えます。海外留学で培った経験や語学を、新しい職種で発揮することができる確率は高いといえます。

・30代オーバーの社会人留学
30代を超えてくると一気に時間と濃密さの勝負という側面が色濃くなってきます。30代にとって半年や1年といった期間はとても重要な時間です。社会情勢や会社とも関わりが深くなり、自分を取り巻く状況は常に変化します。すでに役職に就く人もおり、キャリアが花開きはじめている方もいるでしょう。もしかしたら独立起業している人だっているかもしれません。そんな時に退職や休職(長期になると、この例はなかなかありませんが)をすることは、安定してきた自分の生活を一度手放さなくてはならないと感じるものです。国によりますが、韓国などはビザがないとアルバイトもできない国ですので、働きながら語学を定着させるには、大学機関の語学学校(通常の語学学校より割高)に通い、学生ビザを取得しなくてはなりません。このように、1歳年齢が上がっただけでも多くの制約がついて回る不便さも30代オーバーの留学を悩ませるでしょう。また、特に30代は仕事以外に婚期もやってくるため、今のパートナーの理解も必要になってくるでしょう。

社会人留学はタイミングと目的意識が命!

しかし、実は問題は、留学をすることではなく、「留学をしてどうなりたいのか?」その為に、「留学先でどんなことをしてみたいのか?」です。もしくは、その土地や人々、文化に強烈に惹かれたなど、人によってその思いはさまざまですので、必ずしも「帰国したらコレになりたいから留学する」とか、「仕事にその語学を活かさなくてはいけない」という思いが無くても良いのです。留学は行きたいと思って、時間・資金など最低限の条件がそろっている時に行くべきだという見解もあります。社会人の留学希望者で、やはりなんとなく今の生活が安定安全なため、そこを抜けきれず半年先や1年後に延ばすと、だいたい何かしらストップが掛かって行けなくなる状況が多いと言います。そのストップとは、ご家族の健康状態や会社で欠員が出て退職できなくなった、渡航先が受け入れてくれない(ビザ発行ができない)状態になったなど、自分ではどうしようもない理由が多いそうです。留学もご縁ですので、タイミングをよく見定めて計画実行することが大切です。

では、どういった目的意識が大事なのでしょうか? 

・語学を学びたい→語学をナチュラルな発音・表現で学びたい→海外で、学校だけでなくアルバイトやボランティア活動、現地の友人を作って学ぶ

・文化に興味がある→日本でも本や映像で学べるけれど、経験してみたい→実際にその土地に行って体験するには、語学が必須。現地の友人がいると実地で学べる→日常会話を学びながら、行事に参加してみる。

・ボランティア活動をしたい→日本でも海外派遣ボランティアはあるが、交通費や滞在費が自己負担なのであればいっそのこと留学する→日本で学んだ語学を活かしながらボランティア留学をし、ボランティア活動で使うより専門的な語学を習得しながら任務に励む。

・料理人として、その国のスペシャリストになりたい→現地ならではの薬味や道具の使い方、市場での買い物等、日常会話以上に単語量が必要→学校で学びながら食堂で料理に必要な基本的な会話・単語をマスター→自分の目指す料理人に師事する。 

留学する立場、目標はさまざまです。始めからここまで考えられなくても、現地へ行き、語学を学校で学ぶ以外の何をしたいかを留学した「その先」に目指すものが具体的であればあるほど、海外留学計画も具体的なものとなり、実現が近づきます。

ボランティア活動をしながら語学力アップ!

先ほど挙げたように、ビザ等の制限によってアルバイトができない場合、学校で学ぶ以外の実戦練習として以下の方法でカバーすることが可能です。
・エクスチェンジ(言語交換;日本語を学ぶ現地人との会話勉強)
・現地交流会の参加
・現地友人を作る
・地域の方との交流
・ボランティア活動

働かなくていいので、学校以外はとっても暇です。できることはとりあえず何でもやってみてください。この中で、必ず取り組んでいただきたいものが、ボランティア活動です。エクスチェンジも交流会も、基本的には現地の日本語を勉強している方や日本に対して関心が高い方とのやりとりになりますので、こちらが気づかないところで相手が気を遣ってくれたり、こちらの間違いをスル―して指摘してくれなかったりします。地域の方との交流は、場合によっては深くなりますが、通常に生活していてもあいさつ程度のやりとりが多いのが現実です。ボランティアだと、報酬を頂かない労働になりますが、アルバイトに似た条件で働くイメージになります。ですから、ボランティアされる側も日本語を使わない方がほとんどですし、発音が悪くては伝わりません。こちらとしては、ボランティアでヘルプする立場ですので、絶対にご迷惑はかけられませんし、かなりの緊張感の中でやりとりすることになります。集中して相手の言葉を聞き、話すことは、思っているよりも自分の中に残りますし、友人と気兼ねなく話すよりも、はるかに勉強になります。ボランティアは基本的に個人ではできませんので、学校や地域で登録をして行えます。積極的に利用しましょう。

海外ボランティア活動で見えてくるもの

上の見出しでも記述したように、もちろん自分の勉強ためでもありますが、ボランティア活動を社会に出てからも経験している人はあまりいないのではないでしょうか?週5で働いて、休日くらいはゆっくりしたいですし、年に数度の連休には友人や恋人・家族と旅行も行きたいですよね。そこを無理やり削ってボランティアに充てる必要はないと思いますし、精神衛生上も良くありません。そしてボランティアをしている人が偉いとか、すごいということでもありません。ただ、もともと人間は自分の精神状態が健全であれば、善意の心で奉仕することに幸せを感じる生き物です。(疲れているときはまず、自分を癒してあげてください)そうした余裕ができるのも、留学期間には貴重な体験になるでしょう。たかがボランティアですが、終えた後の幸福感や自己肯定の意識などが高まるでしょう。満員電車で席を譲ることは当たり前ですが、それと少し似ているかもしれません。

社会人になって働き始めると、自分のストレスや毎日のことで精一杯で、人にやさしくなれない自分が嫌だと感じる人も少なくなく、経済や物質社会の中でだんだんと『お金=時間(手間)』を結びつける考え方になります。無償で自分が動くことに意味を見出せなかったり、損得を考えたりします。仕事はチームワークですが、『残業代が出ないから、仲間の仕事を手伝わない(会社のルール上問題はないですが)』など、機械的な行動をとるようになります。こういったことは、本当は企業のためにも、自分の人間性のためにも、良くないことです。こうした貴重な時間を利用して、一度ガチガチに固まってしまった自分の考え方の軸を、少し愛ある考え方に戻す機会にもなるのではないでしょうか。言葉の通じない場所でのボランティアは、むしろボランティアしている側の自分が『わかってくれてありがたい』と、感謝したくなる体験になるでしょう。

海外留学体験には「まだ若い」とか「もう遅い」というような適齢期はありません。学生の留学はもちろんのこと、社会人の留学経験は今までの自分の考えや慣習をガラリと変えてくれる素晴らしい機会です。留学すると意外と50代や60代の留学生に出会うこともあります。還暦を過ぎてなお向学心を発揮する方も現実にいるのです。お年を召した方の行動力はすごいもので、その辺で募集されているボランティア活動は応募要件に達しなかったからと言ってプライベートなボランティア活動に取り組んだりするのです。留学の原点に立ち返れば、自分は何がしたいか、何ができるか、何をするべきか、そうした点は自ずと見えてくるでしょう。そして人生の目標に向かうに当たって年齢などほぼ関係ないのです。

(Visited 2,034 times, 1 visits today)

ご利用の流れ

まずは資料集めをしたいという方

資料請求はこちら!!

【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!

資料請求する
Page top
【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!
資料請求
【無料】ご希望の留学先・スタイルにあわせた、より具体的な説明を希望される方はこらちから!
資料請求