留学検討中の方

留学中に様々なボランティアに参加して、費用を抑えて語学を取得しよう

いわゆるボランティア活動の需要は世界中にあります。そして、海外から訪れる留学生に語学学習も兼ねたボランティアへの参加を募集している場合も数多くあります。これは語学の勉強を志す留学生の側にもメリットのある提案といえます。ボランティアに参加することで、現地のナマの言語コミュニケーションに接することができます。英語圏なら英語の、ネイティブスピーカーと実践的内容について会話する機会が取れます。言葉を実際に使ってコミュニケーションを取ることで、学習効率は買価します。語学学校に通うかわりにボランティア活動に取り組むなら。滞在費用もぐっと抑える事が可能です。もちろん社会経験・社会貢献の活動としても大いに得るところがあるでしょう。ボランティア活動にも興味のある方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

280 views

ニュージーランドでのどかに格安に過ごそう

ボランティア活動は世界各国で行われていますが、その中でもニュージーランドでのボランティアは種類も豊富で経験値を高める事ができる最適の場所です。ニュージーランドは治安が良い国として知られており、安心して留学生活を送ることができます。また、物価が他の英語圏に比べると安い傾向にあるので、他の国と比べて格安に留学やアクティビティを楽しむ事が可能となります。また、ニュージーランドには大掛かりなアトラクション施設はあまりありませんが、世界一星が綺麗に見える場所「テカポ」やワイトモケーブなど、自然が作り出した観光地がたくさんあります。人工的なモノに頼らずとも、そこにある壮大な自然だけで十分に満喫できる土地柄なのです。誰もが自然景観に圧倒され満足するはずです。自然を満喫するタイプのレジャーはお金の節約にもつながります。物価も安いニュージーランドは格安に留学を楽しむことができる場所です。

ファームボランティアに参加しよう

ニュージーランドと言えば羊をイメージする方も多いと思います。それもそのはず、ニュージーランドでは人間の数より羊の数のほうが多いのです。人口に対して国の面積が日本に比べて広いので、羊をはじめ家畜を育てるのに適した国なのです。場所にもよりますが、ファームボランティアであれば高い英語力は求められません。農耕関係の大学や仕事に携わっていた方にとっては、多くの事を学べる機会になるでしょう。当たり前ではありますが、仕事時間は早朝から始まりますので、朝が苦手な方は向かないかもしれません。ファームには現地の幼稚園や小学校の子供たちが見学に来ることも多いので、子供好きには楽しいボランティアになるでしょう。本場のファームを味わってみたい場合はお勧めです。

チャイルドケアボランティアも人気

チャイルドケアは、子供たちを預かり両親の帰宅までお世話をするといった、日本でいう保母さんのような立場の仕事です。ニュージーランドでは共働きの夫婦が増えつつあり、チャイルドケアの仕事は需要があります。これから育児や教育関係の仕事をしたいと考えている場合にはうってつけの経験といえるでしょう。チャイルドケア関連のボランティアも、ファームボランティア同様、特に英語力や資格などは必要とされない場合が多いといえます。とはいえ子供を相手にするので、対象の英語でのやりとりは発生します。動物をケアするファームボランティアよりは英語力を気にする機会が増えるでしょうが、これは英語を使える機会が増えるというメリットでもあります。子どもの使う英語はシンプルです。英語を初歩から学び直すにはもってこいの環境でしょう。

老人ホームボランティアの求人も多い

ニュージーランドは老人ホームボランティアの求人が多くなってきています。これは背景に高齢化があります。ニュージーランドも日本と同じく高齢化社会となってきているのです。また、現地の若者に人気の職種とは言えない現状もあるので、外国から来た留学生などもボランティアとして参加する事ができるチャンスが広がっているのです。こちらはみなさんをお世話しなくてはならないので、英語力は一定以上必要になる事が多いです。高齢の方々なので体の不調などを訴える事もあると思います。その時に「聞き取る事ができなかった」では済まされないからです。他のボランティアと比べて、責任感が強く求められる部分もあるので、その点は注意が必要となります。しかし、自分の何倍も生きてきた方達と交流をもてる点では得るものが多いと思いますし、語学学校に通うことなく格安に英語を勉強できると言えます。

最近は障害者施設ボランティアもある

チャイルドケアボランティアや老人ホームボランティアに加えて、最近では「障害者施設ボランティア」という形もあります。公的な資格が必要になる場合もありますが、大抵のケースでは特別な資格は必要ありません。ハンディキャップを持つ人とのやりとりはかなりセンシティブな側面があり、接し方にもある程度の知識や配慮が必要です。英語の表現にも配慮を込めなくてはならなかったりします。コミュニケーションに要する知識や英語力もファームケアやチャイルドケアよりは高度なものが求められるでしょう。障害者施設でのボランティアは、英語力に心遣いも含めたコミュニケーション能力、責任感、ケア対象の方を自分と対等の人格としてもてなせる価値観など、高度な人間力が試されます。それだけにやりがいもあり、職務を全うした暁には人間的に一味も二味も深みを増すことができます。

ニュージーランドでは様々なボランティアがあるので、留学の際に合わせて経験するのも良いかもしれません。ボランティアに参加することによって、留学費用を抑えられるだけではなく、確かな経験と知識を取得する事が予想されるからです。

(Visited 280 times, 1 visits today)

ご利用の流れ

まずは資料集めをしたいという方

資料請求はこちら!!

【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!

資料請求する
Page top
【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!
資料請求
【無料】ご希望の留学先・スタイルにあわせた、より具体的な説明を希望される方はこらちから!
資料請求