留学検討中の方

英語が公用語!熱帯の国パプアニューギニアへの留学

2,136 views

パプアニューギニアは、南太平洋に浮かぶ島国であり、オーストラリアの少し上に位置します。パプアニューギニアは熱帯国であり、熱帯雨林やマングローブ、そして、豊富な種類の動植物に恵まれています。

パプアニューギニアには、様々な民族が暮らしているため、実際に国内で話されている言語は800以上とも言われています。そして、異なる民族間でコミュニケーションを取る際に必要なのが英語です。パプアニューギニアでは英語が公用語となっています。テレビや新聞、学校では英語が使われています。

パプアニューギニアには、首都のポートモスレビーにあるパプアニューギニア大学(UPNG)をはじめとして6つの大学があります。これらの大学で使用されている言語も英語です。パプアニューギニア大学には医・文・理・教養・法・教育の6学部があり、日本人でこの大学に通っていた人もいます。パプアニューギニアの大学に進学したい場合には、斡旋してくれる機関がないため、個人で全て調べる必要があります。

パプアニューギニアは、環境・文化ともに日本と全く異なる国なので、留学の際には注意すべきことがいくつかあります。まずはじめにマラアリアなどの病気です。現地では医療水準も低いため、事前の予防が大切です。渡航前には病院にいき、予防接種などで対策をしましょう。また、物価も高いです。少しずつ物価が上がる傾向にあるようなので、留学に行く際には事前に物価もチェックしておきましょう。さらに、パプアニューギニアは治安もあまり良くありません。特に、UPNGもある首都のポートモスレビーは治安が悪いことで知られています。留学中は一人で出歩かないよう気をつけましょう。気をつけるべき点を押さえていれば、自然が豊かで、様々な民族文化に触れることのできるパプアニューギニアを存分に楽しめるでしょう。

(Visited 2,136 times, 1 visits today)

ご利用の流れ

まずは資料集めをしたいという方

資料請求はこちら!!

【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!

資料請求する
Page top
【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!
資料請求
【無料】ご希望の留学先・スタイルにあわせた、より具体的な説明を希望される方はこらちから!
資料請求