留学検討中の方

非英語圏オランダでの英語を使った大学留学

2,825 views

海外の大学・大学院への留学先としては、アメリカやイギリスが人気です。はやり、私たちが習ってきた、親しみやすい英語を話せる国だからでしょうか。確かに、ドイツの大学であればドイツ語、フランスの大学であればフランス語を話せなければ留学は厳しいかもしれません。しかしながら、非英語圏であっても使用言語は英語のみで留学できる大学はいくつかあります。そのような、英語のみで通える大学が多いことで知られている国が、オランダです。

オランダは、風車やチューリップの風景で知られている、ドイツの北上に位置する国です。この国が、英語が使える留学先として人気を集めています。オランダでは、公用語がオランダ語であるにも関わらず、国民の大半が英語も話せます。オランダの英語教育レベルが高いことは、世界中でも知られています。オランダのいくつかの大学では、英語の授業のみで単位取得できるコースが用意されています。海外からの留学生にも対応した、英語のみのプログラムが充実していることから、海外からの留学生数は年々増えているようです。もちろん、一定の英語力は必要とされ、必要とされるレベルは学部によって異なるので、事前にチェックしてから入学に臨みましょう。

オランダには、1575年に設立した国内最古のライデン大学、生徒数が国内最大規模のユトレヒト大学、オランダ工科大学の中で最高峰にあるデルフト工科大学など、世界的にもレベルの高い大学がたくさんそろっています。ライデン大学では、英語のみで受けられる学士号コースが5つほど用意されています。デルフト工科大学では、航空工学であれば英語のみでの受講が可能です。オランダの大学では、生徒の個性や考える力を大切にする授業が重視されており、少人数のグループワークやインターンシップ経験など、様々な活動を通じて勉強に専念することができるでしょう。

(Visited 2,825 times, 1 visits today)

ご利用の流れ

まずは資料集めをしたいという方

資料請求はこちら!!

【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!

資料請求する
Page top
【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!
資料請求
【無料】ご希望の留学先・スタイルにあわせた、より具体的な説明を希望される方はこらちから!
資料請求