留学検討中の方

ヨーロッパで英語を学ぶなら、どの国がおすすめか?

2,489 views

ヨーロッパの中でも、英語を公用語とする国はいくつかあげられます。英語を公用語とするイギリス、アイルランド、マルタはそれぞれ特色があります。自分の目的やライフスタイルに合わせて語学留学先を選ぶことが、留学を成功させるヒケツになるでしょう。

語学留学する国を選ぶポイントとしては、訛りやアクセントの有無、留学先に日本人は多いのか少ないのか、生活費の予算などがあります。

正統なイギリス英語を学びたい場合は、イギリスを選ぶ人が多いでしょう。イギリスは人気の語学留学先であるため、留学先の日本人の数は多いといえます。また、ロンドンの滞在費は東京で暮らすよりも高くなる可能性があります。一方、ロンドン以外の地方都市では生活費はそれほどかかりません。

アイルランドの英語は、イギリス英語やアメリカ英語に比べて、訛りがあります。しかし、基本的にはアイルランドで話されている英語はイギリス英語に近いといえます。アイルランドはイギリスに比べて日本人留学生の数も少なく、落ち着いた環境で勉強に励むことができます。

マルタは、マルタ語と英語が公用語の国です。日本人留学生の数は比較的少なく、英語の語学留学先としては穴場の国だといえます。ヨーロッパの留学生が多いため、さまざまな国籍の友人をつくることができます。

(Visited 2,489 times, 1 visits today)

ご利用の流れ

まずは資料集めをしたいという方

資料請求はこちら!!

【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!

資料請求する
Page top
【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!
資料請求
【無料】ご希望の留学先・スタイルにあわせた、より具体的な説明を希望される方はこらちから!
資料請求