留学検討中の方

社会人が語学留学を決行する3つのタイミング

709 views

社会人にはシゴトがあります。まとまった時間を空けることは容易ではありません。海外に行って帰ってくるだけの余裕ある休暇日数を設けることは、一般的にいって至難の業です。しかしその一方で、社会人にとって語学力(英語能力)の重要性は日に日に増しています。基本的に、語学留学に行きたい(行くべき)、でも行けないという板挟みの状況なのです。

多くの社会人にとって現実的といえる、語学留学のタイミングは、だいたい限られてきます。
1. 有給休暇をまとめて取って超短期留学に行く ―― 数日~数週間で本場の英語を体験、その経験を語学に活かす。
2. 長期休暇を取って短期留学に行く ―― 長期休暇が認められている会社なら数ヶ月程度の留学が可能かも。
3. 職場を退職する ―― これが転機と考えたら、思い切って退職するという考え方もあります。留学経験を経て語学スキルやコミュニケーションスキルを上げれば、ワンランク上の職場への再就職も狙えます。

もし、諸事情で職場を辞めることになったら、失業したと落ち込む前に「これは留学のチャンス」と考えてみてはいかがでしょう。前向きな考え方と実行に移す行動力はきっと後の就活ひいては人生にプラスに作用します。

(Visited 709 times, 1 visits today)

ご利用の流れ

まずは資料集めをしたいという方

資料請求はこちら!!

【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!

資料請求する
Page top
【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!
資料請求
【無料】ご希望の留学先・スタイルにあわせた、より具体的な説明を希望される方はこらちから!
資料請求