留学検討中の方

英語を学びながら奨学金を受ける

283 views

世界全体としてグローバル化が進んできており、英語を習得する重要性は増してきています。日本国内にいても、ある程度英語を習得することはできますが、不自由なく使えるようになるには、やはり海外に行って学ぶのが近道といえるでしょう。
海外で英語を学びながら奨学金を受けることは可能なのでしょうか。現在、奨学金には貸与型と給付型の2つのタイプがあります。貸与型の場合、給付を受けるためのハードルは低くなりますが、返済が必要となりますので、可能な限り給付型の奨学金を探すのがおすすめです。
給付型の奨学金として例えば、「独立行政法人日本学生支援機構」の「海外留学支援制度(大学院学位取得型)」があります。修士か博士の学位取得を目指して、海外の大学に留学する学生などを対象としています。申請にあたっては、応募者作成書類と添付書類を通っている大学に提出し、大学を通して申し込みを行います。また、「海外留学支援制度(協定派遣)」もあります。日本の大学・大学院のほか短期大学や高等専門学校、専修学校などが、外国の高等教育機関との交流協定などに基づいて、8日以上1年以内、学生を派遣する場合、これに支援が行われる制度です。その他、「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」もあります。このプログラムは、2014年にスタートした官民協働の海外留学支援制度で、「高校生コース」と「地域人材コース」が設けられ、それぞれ募集要項が公開されています。
貸与型の奨学金は給付型の候補がなかった場合の候補となります。「独立行政法人日本学生支援機構」が設けている奨学金には、第一種奨学金と第二種奨学金があり、第一種奨学金は無利子である一方、第二種奨学金は利子が付きますので、できる限り第一種奨学金を活用したいものです。奨学金の申請にあたっては、家計の基準額が定められていて、基準を超えてしまうと支給の対象にならないので注意が必要です。

(Visited 283 times, 1 visits today)

ご利用の流れ

まずは資料集めをしたいという方

資料請求はこちら!!

【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!

資料請求する
Page top
【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!
資料請求
【無料】ご希望の留学先・スタイルにあわせた、より具体的な説明を希望される方はこらちから!
資料請求