語学留学は言語獲得の最強手段

語学留学は、言語の習得を目指す多くの人にとって最も強力な手段であるといえます。それは、言葉は「使えば使うほど身につく」性質のものであり、同時にコミュニケーションと切っても切り離せない関係があるものだからです。

ひとことで言うと、語学留学は、学ぶ対象の言語を使わなければ生活できない環境に身を置くことで、その言葉で直接ものを考えるレベルの言語能力を身につける学習法です。

言葉は思考そのものと密接に関係しています。ある言語を「マスターする」と言えるようになるには、頭の中で物事を考える際に「その言語で考える」レベルまで言葉を扱い慣れる必要があります。海外に留学して語学を学ぶことは、この点で大きなアドバンテージが発揮されます。

習熟度が不十分なうちは、聞き取りや発話を行う際に、どうしても頭の中で母語に翻訳して母語で考え再翻訳するといったプロセスを取ってしまいます。この「母語を仲介する」思考プロセスを取り除くことが言語修得の最大の難関となるのですが、母語で話が通じてしまう日本国内の環境でこれを突破することは非常に難しいと言えます。

語学留学の場合、周囲に学習対象言語しか聞こえない(母語が話されない)環境で暮らすことによって、思考から母語を排除するプロセスが自然と身につきやすくなるのです。

言語は単に見聞きして情報を蓄積するだけでは身につかず、あるいは身についても役立ちません。正しくアウトプットして相手に通じてこそ、言葉としての役目を果たします。いくら多くの単語を知っていても、相手に伝わるように発話できなければ会話は成立しません。その点において、あらゆる生活の局面でネイティブスピーカーを相手にする語学留学は、インプットとアウトプットの両面をネイティブに通用するレベルに高める特訓となります。

語学留学は自分に厳しい学習法

語学留学は決して気軽な学習手段ではありません。むしろハードルは最も高い部類であると言えます。

まず、留学を実現するためにかなりの費用が必要となります。学問や技術研修のための海外留学の場合、奨学金制度などを利用して留学資金の援助を受けることができる可能性も少なからずありますが、語学留学は大半の場合、私費留学でせざるを得ません。渡航費用に滞在費用、加えて学費と、自費で全てまかなうことは(不可能ではないとしても)けっして容易ではありません。

また、語学留学には「孤独」がつきまといます。家族や友人に会えず、それまで親しんできた文化からも距離を置いて、異質の環境で過ごすことは、人によっては非常に辛い経験になるかもしれません。ただ海外に居れば言葉が身につくわけでもなく、その辛い環境の中で必死に勉強しなければなりません。まさにスパルタ式です。

海外留学を行うということは、また、これまでの生活を一時中断することでもあります。学生なら学業および就職活動に、社会人なら現在の仕事に影響が及ぶ場合があります。留学プラン次第では大きな支障がでないよう計画立てることも可能とはいえ、ある程度の長期にわたる語学留学では、全く影響が出ないわけにはいきません。

こうした費用や人生設計におけるリスクを考慮してもなお、語学留学は多くの人にとって敢行する価値のある学習法と考えられており、また実際に多くの人が語学留学を敢行しています。語学留学はまさに、大規模に投資して大きなリターンを得る一大事業なのです。

語学留学は年齢を問わない

しばしば「語学習得は若ければ若いほどよい」と言われます。しかしながら、海外留学の時期に遅すぎるということは決してありません。むしろ、海外留学は社会人の方が実現しやすい側面もあります。事実、最近では社会人の海外留学が増えつつあります。

語学留学は、どれだけ格安の留学プランでもある程度の費用が必要です。一般的に語学留学で奨学金を受けることはかなり難しく、大半の場合は私費留学の形となります。その点では、自分のスキルアップに出資できる経済力と決意を持った社会人の方が留学を実行しやすいと言えます。

海外に留学している間は孤独に悩まされやすく、言葉の壁を超えるために常に必死に勉強しなくてはならないという辛い状況が続きます。社会人になってから語学留学に行くという覚悟を決めた人の方が、強い意志によって自己実現できるといえるでしょう。意志の強さは短期留学でより多くの成果を挙げるための原動力にもなります。

語学留学は文化を知る体験でもある

海外留学の醍醐味は海外で暮らすことそのものにあるとも言えます。その言語で意思疎通している地域での暮らしを通じて、言葉のニュアンスや表現・言い回しの背景が体感的に理解できます。これは教科書に向き合う学習法では容易に得ることのできない知識といえるでしょう。日常の些細な部分にも尽きない発見があるはずです。

語学留学は、もちろん語学を習得するための留学ですが、同時に異文化体験でもあり、異文化に対する理解をはぐくむ機会でもあります。留学先の地域の文化や文化的背景はもちろん、自分の育ってきた文化ではない「異文化」そのものに対する見方・接し方は多かれ少なかれ影響されるでしょう。異文化に対する態度、および、異文化における自分の振る舞いに対する意識は、後々に世界を相手に活動・活躍するようになってから大いに成果を発揮するでしょう。

語学留学は人格形成の場でもある

語学留学中の不安要素として、現地でホームシックになったり友だちができずに辛い思いをしたり、勉強不足で成果を挙げられずに帰国したり、といった不本意な結果に終わってしまうことへの懸念があります。

語学留学は「海外に行った」ことだけで成果が出るものではなく、勉強しても最初のうちは読み書きがままならず、しかも知らない土地で知らない人に囲まれて暮らすため、焦りや不安にさらされ、精神的に参ってしまいかねない状況に常にさらされます。

海外留学を成功させるには、あくまでも語学習得を目指す情熱、ある程度の社交性、コミュニケーションへの意欲、人のつながりを大事にする精神、偏見のなさや偏見に屈しない心意気などが不可欠です。しかしながら、こうした要素をはじめから十分に備えている人は決して多くありません。不安要素があっても、留学体験を通じて養って行けばよいのです。

語学留学の意義は単に語学を修めるだけではありません。厳しい環境にみずから身を投じて心身を鍛え、人格的に成長する機会でもあります。留学生活を成功させた暁には、言語獲得の成果もさることながら、世界の見え方そのものが違ってくるでしょう。

英語留学の留学先は世界中から選べる

英語の語学留学なら、留学先の国も数多くの候補から選べます。人気の高い留学先としては、アメリカ西海岸、アメリカ東海岸、オーストラリア、ハワイ、ニュージーランド、フィリピン、マレーシアなどがおすすめです。留学先として人気の高い国や地域は、留学生を受け入れる体制が整っているため、他の国や地域に比べて円滑に計画を進めることができます。

留学先として人気のある国や地域は、裏を返せば、他の日本人留学生も留学先に選びやすいということでもあります。留学先に同じ日本人学生がいると安心してしまい、慣れ合いが生まれ、結果として語学修得がはかどらない、という失敗談が多々あります。こうした状況を避けるために比較的マイナーな留学先を選ぶ人もいます。

【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!

資料請求する
Page top
【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!
資料請求
【無料】ご希望の留学先・スタイルにあわせた、より具体的な説明を希望される方はこらちから!
資料請求