留学検討中の方

費用対効果抜群!失敗しない社会人留学プランの立て方

221 views

外国語習得を目指す時、費用対効果は重要なポイントです。仕事で忙しい社会人ならなおさらのこと。失敗しない留学プランを立てる際に必要なのは、「費用と時間」を最小限に抑え「最大限の成果」を得る方法を考えることです。留学のメリットは、外国語をインプットする量を大量に得ることと言えるでしょう。限られた時間と費用の有効活用。これが、失敗しない社会人留学プラン策定の柱です。

社会人が留学する先として最適な場所はどこか?

留学を行う上で最適な場所は人によって違うという答えが正しいでしょう。その人が留学することの費用対効果を何で図っているのかによります。語学はもちろんだと思いますが、留学以外にも世界でも専門的な知識がトップクラスだから、世界有数のシェフがいるから、人によっては海が美しいからなど、目的は人それぞれです。ここでは社会人が留学する場合で一番多いとされているビジネス的な留学についてご案内いたしましょう。

社会人が留学するための費用は?

社会人が留学するうえで一番気になる部分はおそらく、時間と費用でしょう。時間に関しては行く方法、例えば、会社経由での現地法人勤務や、外資会社で世界を飛び回る仕事など、就職してしまえばどうにでもなる場合が多いです。


しかし、費用に関しては、独身の方であれば少しは工面し易いですが、家族がいる場合や、親族に対して支払いをしているひとなど、障害になることは多いと思います。社会人が留学する場合、どのくらい費用がかかるのでしょうか。ビジネス的な留学の多いアメリカの場合で考えてみましょう。


アメリカの場合、食費、授業料費用、滞在費、雑費などでおおよそ1年間生活するのに350~500万円ほどの費用が掛かります。現地でもかなりの質素な生活をするのであれば別ですが、日本と同じような生活を求めるともう少しかかってくるでしょう。金額の各項目は条件や希望次第でどのようにでも変更はできますが、目安の金額として覚えておくと良いでしょう。各項目で自身の行く場所ではどの程度かかるのか、物価やその国の制度などで大きく変わってくるので、自分で必ず調べる必要があります。

社会人が留学することでのリスクと利益

社会人が留学することで発生するリスクはなんといっても、仕事面が大きいでしょう。日本の場合、一度社会から離れてしまうと、復帰する際に苦労することが多いです。理由として挙げられるのが日本ならではの終身雇用制度であると思われます。いまでは少しずつ、「死ぬまでこの会社で働く」という考え方をする方は減ってきてはいますが、多くの日本人がこの考え方ではなく、転職歴や社会から一度リタイアした人間に対する視線は厳しいといっても過言ではないでしょう。海外の多くの国では採用時に職歴も見られますが、能力をうまくアピールでき、かつ会社に貢献できると見なされれば就職はすぐにできるでしょう。

一方で、利益はなんでしょうか。それは少なからず自身が欲していることを体験したり、得ることができることです。社会人が留学するときは目的が明確であることが多く、目的が明確でなくとも大目標を持っている方が多いです。例えば、「英語を話せるようになりたい」などは代表的な大目標です。海や山、文化など場所に対して目的を持っている方は生活するだけでも目的達成になり、先ほどのビジネスの例で言えは自身次第では語学をある程度のレベルまでもっていき、次のビジネスにつなげることができるかもしれません。
リスク利益はそれぞれ人によって違うと思いますが、社会人の場合で考えると、仕事と自信の得たいものを天秤にかけリスクと利益を理解したうえで決断するのが良いでしょう。

社会人が留学するための最適なプランとは

社会人が留学する際のオススメのプランンはなんでしょうか。いまの時代に多い留学理由として「人生を変えたい」、「ビジネスでグローバルに活躍したい」の2つが傾向として多いです。

「人生を変えたい」という方は、とにかく違う環境へ行って何か違う生活や、経験を期待している方が主な希望者です。この方の場合は、優先順位は語学ではなく、新たな経験や、価値観に比重が置かれます。このような方はスタンダードな留学ではなく、留学のイメージがあまりない場所へ行くなどするのが良いかもしれません。

一方で、ビジネス的な留学を行いたい人ですが、基本的には英語圏がオススメです。また、英語圏でないフランスや、イタリアなどヨーロッパの先進国を視野にいれるのも良いかもしれません。理由としては世界の経済がいまだ英語で行われていることが多く、多くの書物や関連物も英語で書かれていることが多いからです。例えばですが、ビジネス留学に代表されるMBAをとれるような大学などがよいでしょう。やはり最大のオススメは世界、もしくは、その国のトップの大学へ留学することです。トップの場所には様々な最新情報や仮説が集まってくることがあるので、自己成長や留学意義で考えるとかなりオススメできます。


社会人の場合は留学するにせよ、気にしなければならない事が多いです。特に自分の仕事面や費用などは慎重に検討してから決定することをおススメします。いまの時代では多くの制度ややり方があるので、探してみるのもよいと思います。一番、簡易的に多くの情報を得られるであろう留学斡旋会社などへ一度相談にいくのも良いかもしれません。

冒頭でお伝えした費用対効果を考えると、自身の目的がまず何かを考える事が大切です。目的を考えたうえで、最大限に達成できるプランを選択していきましょう。

(Visited 221 times, 1 visits today)
ご利用の流れ

まずは資料集めをしたいという方

資料請求はこちら!!

【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!

資料請求する
Page top
【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!
資料請求
【無料】ご希望の留学先・スタイルにあわせた、より具体的な説明を希望される方はこらちから!
資料請求