留学検討中の方

語学留学したいけれど資金がない!語学留学で奨学金を受ける方法はあるのでしょうか?

152 views

社会人が留学するときの海外留学に必要な費用というのは、学生と違ってたとえ数週間の短期留学であったとしても決して安いとは言えません。ならば奨学金を受けようと考える方もおられるかもしれませんが、基本的に海外留学のための奨学金制度というのは、語学留学希望者をサポートしていないことが多いです。しかし、奨学金を受けられる可能性が全くゼロというわけではないので、語学留学希望者が受けられる奨学金制度や、費用を抑える方法についてまとめてみました。社会人でも留学に行こうと思えばタイプの奨学金制度を利用していける可能性もあるのです。

奨学金制度とは基本的にどんな制度なのか?

海外留学希望者のための奨学金制度とは、一般的には高校、大学、大学院などへの留学者を対象としています。企業や自治体、NPO教育組織などが、資金不足で海外留学が困難な能力の高い学生のために、学費を給付または貸与するという制度です。

応募するには大抵厳しい条件があり、語学能力や学歴など諸々の条件をクリアした人が、募集期間内に出願をして審査を受ける形になります。
銀行や金融公庫の留学支援プログラムならば、大学などの正規留学者のみでなく、語学留学希望者も対象になるケースがよくあります。いくつかクリアしていなければならない条件はありますが、比較的ハードルが低いばかりか学生だけでなく社会人も対象になるケースもあり、通年書類審査だけで貸与が受けられるシステムなので、語学留学希望者でも奨学金制度が受けられる可能性があるのは、主にこちらの方法になります。ただしこのような支援プログラムは大学留学者向けの留学ローンよりも金利が高いのが特徴です。

各種キャンペーンなどの割引を利用することで費用を抑える

留学費用を全て工面することはできなかったとしても、割引制度を利用して可能な限り留学費用を抑えるのも、資金集めの一つの方法として考えられると思います。
各種留学支援エージェントが提供している割引プログラムは、ある一定の条件で留学プログラムに申し込みをした場合に、10%〜50%程度の割引が受けられるというもので、語学留学の期間や目的地などがある程度決まった段階でエージェントに相談を持ちかけると、いろいろなプランを紹介してもらえると思います。

また、留学中に滞在日記をブログ記事にすることで、授業料が割引になる長期留学者向けの奨学金システムなどもあり、文章を書くのが好きな人は楽しみながら奨学金も受けられる、お得なプログラムとなっています。

また比較的留学希望者が少ないオフシーズンに渡航すると、シーズン中よりもずっと低価格で語学学校に通えるケースや、短期滞在よりも長期滞在の方が割引率が高くなる制度もあるので、留学を実現させると決めたら常に情報に目を光らせておくといいかもしれません。

現地でアルバイトをして生活費を稼ぐ

語学学校の授業料は割引になりませんが、ワーキングホリデービザを取得して働きながら語学を取得するという選択技もあります。現地で収入を得ることで、生活費を抑えることができ結果的な割引に相当するでしょう。18歳〜30歳までがビザ取得の対象となるので、30歳をすでに超えている方は参加できないプログラムではあるのですが、語学学校のみの留学生活では体験できないような経験をするチャンスに多く巡り合えること、また、行ってすぐに現地の人々と関わる機会も増えることから、語学の向上にも繋がりやすい留学のスタイルとして非常に人気があります。もともと仕事をすることを前提に留学をする人は、比較的授業料が安いイブニングコースで語学を学び、昼間はアルバイトでお金を稼ぐということも可能です。ある程度の語学力とモチベーション、社交性なども必要になってはきますが、海外で仕事を得てお金を稼ぐという経験は、あなたをひとまわりもふた回りも大きくしてくれるはずです。奨学金に加えて、現地で生活費などを抑えることができればかなり、負担は軽減されます。


奨学金には返済不要の給付型の制度と、帰国後に返済をしていく貸与型と大きく2つあります。語学留学希望者が受けられる奨学金システムは主に貸与型ですので、返済も考慮に入れた資金プランが必要になってきます。 しかし割引キャンペーンなどを利用することで費用を抑えたり、収入を得ながら語学学校へも通う方法をとることができれば、留学後の不安材料を不用意に増やすことにはなりません。留学する方法は様々ありますが、奨学金は社会人にとっては 金銭的に援助をしてもらえるスタンダードな制度です。行く際や行く条件、行く人間の能力などで検査をされる可能性があるので、日ごろから真剣に、地道に勉強や対策をすることが大切なことであるといえます。


奨学金を得て留学をする方法が自分に本当にベストなのかどうか、そんな背景も踏まえて検討する必要がありそうです。社会人だからとあきらめるのは早く、できることを調べるところから調べていくようにしましょう。

(Visited 152 times, 1 visits today)

ご利用の流れ

まずは資料集めをしたいという方

資料請求はこちら!!

【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!

資料請求する
Page top
【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!
資料請求
【無料】ご希望の留学先・スタイルにあわせた、より具体的な説明を希望される方はこらちから!
資料請求