留学検討中の方

海外で働きたい!外国で短期インターンとして働いて何が学べるか

就職前に必要な経験を積むための実務を一定期間行うインターンですが、最近、日本の企業でも行われています。本当に自分にその仕事があっているか、マッチングシステムとしての機能も備えたインターンですが、最近外国で就職したいという人の間でも、海外の企業での実務経験をしたいという人が増えています。海外で働きたい、でも本当に海外で働けるのか自信がない。少しだけ海外で働いてみたいという方のために短期インターンというプログラムがあります。では、その内容はどんなものなのでしょうか

384 views

海外インターンとはどういったもの?

インターンとは、学生が仕事をする前に実地研修として企業や公的機関で働くことです。アメリカで始まった制度ですが、仕事との相性や適性を確認することができるものなので、自分の適職を見つけられるという利点があります。また企業などで働くことにより、社会人としての認識を持つことができ、自分と社会との関係性を体感することができます。海外でのインターンの場合は、社会と個人の関係性もさることながら、自分が国際感覚を持てるのかを確認することができますので、海外での就職を考えている人にはお勧めのプログラムです。海外での実習経験などは、外国企業への就職活動にも、また日本の会社への就職活動にも大いにアピールポイントとして活用できます。例えそれが短期であったとしても、日本国内しか知らない人よりも見識は広がっているはずです。

インターン先はどんなところなの?

主に海外企業や日系企業、公的機関やNGO、NPO、ボランティア機関など、職種も、事務や受付、営業、リサーチなど多種多様です。インターン企業によっては、職歴、語学力のレベル規定があるので、その人のレベルに合ったところで選ぶことができます。語学留学のように学校に通っての学習というものがありませんが、現地の人たちに交じって仕事をすることになるので、実務の語学力とコミュニケーション力が必要となります。インターンとして働く前には、できる限り自分の語学力を高めておき、普段から人とのコミュニケーションがスムーズに取れるようにしておきましょう。自分でやりたい仕事がある場合は、事前にリサーチしておき、そのスキルを高めておくようにしましょう。

短期のインターンの経験は強みになるか?

海外でインターンとして働くことで、自分の能力の確認と実務経験を積むこと、語学力のアップを図ることの3つができます。就職する前に、自分が職種に合っている人材かどうかが分かることと、自分が思っている能力がもしかすると別の可能性を秘めているということもあります。インターンでは、それらを自分で確認することができるのも勿論、社会経験を積むことで自分がどれだけ社会に対応できる人材かどうかが分かります。特に海外では、日本とは違った社会構成であるため、自分が果たして国際理解ができる人材かどうかを見極めることもできます。国際的な分野で仕事ができるかどうか、自分のアピールポイントなどを再確認することは、その後の就職活動でも大いに役に立つでしょう。

どんな国でインターンができるの?希望国で就職は?

アメリカ、オーストラリア、カナダ、中国、マレーシア、インド、ベトナムなどの数多くの国でインターンとして働くことができます。特に経済発展を遂げている国々では、多くの日本企業が進出しており、今後ますます人材を必要とすることでしょう。アメリカやオーストラリア、カナダ、イギリスなどでは、現地の企業と日系企業、そして小学校での日本語アシスタントなどのインターンがあります。これらの国では、インターンが終わった後、就職ができるというものではありません。ただし、アジアの国々で成長し続けている国で新しい仕事をしたい、ビジネスを展開したいと考えている人には、インターンで働くことで、その国の情勢を知ることができ、その後の就職にも有利な情報を得ることができます。インターン先の国で就業することは、その国を知ることであり、ビジネスに対しての姿勢もおのずと変わってきます。直接的な就職につながらなくても、就職する方向性を知るうえではインターンの経験は強みになります。

短期のインターンプログラムのメリットは、会社や大学の休みの中でも参加できるということです。海外で就職を希望している人は、一度短期インターンプログラムを利用して、自分が海外でも働けるかどうかを確認する必要があるでしょう。語学能力が高いから海外での就職が成功する、ということはありません。なぜなら、現地で働いている人は現地の言葉を話せるからです。語学力はあくまでもコミュニケーションツールです。それよりも、仕事に使えるスキルと言うものを普段から高めておきましょう。日本での身に着けたスキルは海外でも使えますが、日本でできないことは海外でもできません。また、自分のスキルで働ける企業も変わってきます。自分のしたい仕事のインターンプログラムに参加したいと考えるならば、必要なスキルを身に着けた上で申し込みましょう。語学力とコミュニケーション能力と積極的な行動、人との調和力を身に着け、その国の文化に溶け込むことができる人が国際人といえます。

(Visited 384 times, 1 visits today)

ご利用の流れ

まずは資料集めをしたいという方

資料請求はこちら!!

【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!

資料請求する
Page top
【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!
資料請求
【無料】ご希望の留学先・スタイルにあわせた、より具体的な説明を希望される方はこらちから!
資料請求