留学検討中の方

将来のための留学、インターン~海外留学と海外インターンの比較~

77 views

いまあなたは何を目標として日々生活していますか?この先の自分のキャリアを見つめた時に、何が必要だと思いますか?ここではそんな自分の今後のキャリアアップのために、海外留学とインターンについて説明したいと思います。また、それぞれの比較をして、この二つのメリットとデメリットを理解していこうと思います。

1.海外でのインターンとはなにかを知ろう

インターンとは、インターンシップの略で、おもに就職前の学生などが行う、就職前のお試し就職のようなものです。いまや、全国の学生の多くが就職をする前にインターンを経験します。それは、自分が通っている学校や、身近で関連のある企業などが募集していたり、自分の入りたい会社が行っていたりするものに参加するというパターンが多いです。そしてまた、昨今の国際化社会の中で求められる人材がインターナショナルに活躍できる人になっている中で、海外でのインターンというものが注目されてきています。海外でのインターンとは、簡単にいえば外国での就業体験です。日本でのインターンとあまり変わらないような制度です。しかし、そこで得られるものは日本でのインターンとはかなり違います。まず第一に、私たち日本人がいままで住んでいた日本とは全く違う環境の中で、就職(体験)するということです。言語も違えばそこで働いている人種も違い、それぞれの生活スタイルも違います。さらに、日本のインターンを経験したことのある人ならもちろんのこと、日本でのインターンを経験したことがない人でも、日本の会社とは違うな、という部分が発見できますし、体験することになります。

2.海外留学とはなにか?を知ろう

海外留学とは、簡単にいえば外国で学ぶということです。何を学ぶか、どこで学ぶかはそれぞれ個人で決められます。また、期間も条件が留学の仕方によって変わりますが、自分で決めることができます。学生が多くする留学の方法は語学留学とワーキングホリデーです。語学留学とは文字通り、言葉を学びに海外へ行くことです。大抵の場合が英語を学びます。これは語学学校や、その現地の言葉を使う学校に行くことで、言語の授業を受けたり、その言語で学校生活をおくることで、語学学習をしようというのが目的の留学です。ワーキングホリデーとは、日本ワーキングホリデー協会が協定を結ぶ国(現在は14カ国)へ、休暇を楽しみに行き、その生活資金の補助として、その国での一定の就労が認められるというプログラムで留学するというものです。これは期間の上限や就労に関する条件が各国でそれぞれ存在します。しかし、その条件さえクリアすれば、語学留学よりも自由がききますし、なにより自分の時間をしっかりと確保することができます。また、現地で自力で生活するために、近隣の人とコミュニケーションをとったり、生活資金を稼ぐために、働き先を見つけて働くことによって、ひとりで自立して生活する力が身につくとともに、その国の言葉や文化を学ぶことができるでしょう。

3.海外留学と海外でのインターンの比較

さて、ここまで海外留学と海外でのインターンの説明をしましたが、どちらも似たような感じで何が違うのか、また、何が同じなのかがよくわからないかもしれません。そこでこの二つのメリット、デメリットをあげて比較してみましょう。まず海外でのインターンのメリット、海外留学のデメリットについてです。インターンのメリットで一番大きいのが、海外での会社で実際に働くことができることです。ワーキングホリデーでの留学なら働けると言いましたが、これはあくまでも生活の資金の為の一定の就労なので、簡単にいえばアルバイトをするような感覚です。しかし、インターンの場合は、実際に日本人を派遣してほしい、日本人を働かせてあげるなどという前向きな会社で現地の社員が毎日やっているような仕事に近いことができるのです。次に、目的意識が確かであり、有意義な生活が送れるということです。一方海外留学のデメリットは、語学留学では語学学校や語学学習が目的でそれ以外の時間は割と自由、ワーキングホリデーでは毎日何をしようと自由なわけです。しっかりとした目的意識がない人はそのままダラダラと時間を過ごしてしまい、帰国した時に何をしたか、何を学んだかがはっきり言えない、なんて場合もあり得ます。次に海外でのインターンのデメリットと海外留学のメリットです、海外留学のメリットは、はじめて行く国では特に、外にでて、町を歩けば見える景色や、その場の雰囲気など、日本との違いに感動することが多いでしょう。いろんなアクティビティに参加したり、ホームステイで現地の同年代の人との交流をしたりと自発的に行動すれば、視野も広がるでしょう。それに比べると海外でのインターンでは、しっかり会社で働くということになり、現地の同年代の人(学生で就職前の段階のことを示す)と同じ生活を味わうことはあまりできないでしょう。また、自分の時間がワーキングホリデーをしている人に比べると少ないため、その国の中でも遠くに出かけたり、現地の友達を作って学生同士遊んだりすることは難しいので、フランクな言語を身につける機会が少ないです。

海外でのインターンと海外留学、ともにメリット、デメリットがある事がわかりましたね。またそれぞれここで説明した以外にもメリット、デメリットは探せばたくさんあるでしょう。それぞれのメリット、デメリットを考えたうえで、自分のキャリアアップのため、目的の為に何が必要かを考えて、自分にあった方法で海外経験を積んでいきましょう。

(Visited 77 times, 1 visits today)

ご利用の流れ

まずは資料集めをしたいという方

資料請求はこちら!!

【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!

資料請求する
Page top
【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!
資料請求
【無料】ご希望の留学先・スタイルにあわせた、より具体的な説明を希望される方はこらちから!
資料請求