留学検討中の方

他の国と比べてどこが違うの?台湾への留学とインターンについて詳しく知りたい!

587 views

海外に留学やインターンに行きたいと思った時、いろいろな選択肢があると思います。その中で、台湾に留学やインターンにもし行くとしたら、他の国と比べてどんなメリット、デメリットがあるのか、台湾ならではの留学やインターンの特徴、台湾に留学やインターンする場合の方法をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

台湾に留学やインターンに行くメリットは?

台湾はアジアの国々の中でもとりわけ親日感情が強い国で、かつては日本の統治下にあったため、その世代のお年寄りは日本語を話すことができ、若い世代も日本語を学んでいる方が多いです。台湾の母国語である中国語は企業の海外進出が増えているため、今後より重要性を増していきます。台湾では英語教育も充実しているので、留学中に中国語と英語両方の勉強をすることも可能です。台北には特に、デパートやコンビニなど日本のチェーン店が多く進出しているので、日本食が恋しくなる心配はあまり無いかもしれませんし、温泉でリラックスすることもできます。東京からは約4時間と近い上に、気候も温暖で過ごしやすく、治安も日本と同じくらいに良いです。台湾は日本とワーキングホリデー制度を結んでいるので、30歳以下ならば一度ビザを更新すれば1年間のワーキングホリデーが可能です。

台湾に留学やインターンに行くデメリットは?

中国が母国語の国なため、大学やインターンで求められる中国語のレベルが高いです。しかし、留学生のための語学学校を併設している学校も多く、短期の語学留学ならばレベル別にクラス分けされるのでまったくの初心者でも問題ありません。台湾で使われている中国語は、中国大陸で主に使われている簡体字と文字が異なります。しかし、文字が日本の旧字体に近いので、なじみやすいです。また、発音は多少異なりますが、中国大陸と同じく北京語なので、中国でも通じます。台北の大学は語学留学生は学生寮が使えないことが多いです。逆に地方の大学は、交通が不便なことが多いです。しかし、より勉強に集中できる環境にあるとも言えます。ワーキングホリデーの場合、1年の内3ヶ月しか学校に通えません。また、ワーキングホリデービザの発行数が半年ごとに2500枚と、他の国に比べて少なめです。インターンの場合、語学レベルによって働ける職種が異なってきます、また、日本に比べて賃金が安いです。日本に近いのですぐに日本に帰ることができるのは良い点でも悪い点でもあります。

台湾への留学やインターンの特徴

台湾へ留学するケースとしては、語学留学、大学への入学が挙げられます。留学生が一番多い台湾師範大学や、台湾トップレベルの台湾大学など、付属の語学学校が併設されているところが多いです。語学学校は年4回(3,6,9,12月)入学の学校が多いですが、大学と同じく2学期制の場合や、毎月入学が可能な学校もあります。大学はほとんど9月入学です。台湾の大学はアルバイトを認めてない学校もありますので、有給インターンの場合、注意が必要です。台湾のインターン先としては、日本語学校、ホテル、海外留学のサポートセンターなどの他、インターネット関連、海外営業アシスタント、台湾進出支援企業なども。Facebookの利用者がとても多い台湾ですので、プログラミングスキルを活かせるインターン先もあります。また、今年はユニクロが台湾の店舗でのインターンを募集していました。ホテルの接客や現地企業のお仕事などは高い中国語能力が必要とされますが、日系企業の現地支社など、日本人と主にやり取りするお仕事は初級レベルの中国語でもインターンが可能です。無給のインターンも多いので、有給を希望される方は情報を要チェックです。期間は1か月未満から1年まで幅広いです。

台湾に留学・インターンするための方法

留学の場合、大学生ならば通っている大学に交換留学制度があるかどうか調べてみましょう。休学して留学できる大学もあります。現地で直接大学に入学する場合、語学学校で1年以上中国語を学んだ後に受験する方が多いです。インターンは大学在学中または卒業後に行くケースがあります。在学中ならば、大学の海外インターン制度を利用して行くこともできます。それ以外に、海外インターンの募集をしている留学エージェントが複数ありますので、情報を見比べてより良いインターン先を選んでみてください。語学力に自信があれば、個人で手配することも可能です。ワーキングホリデーならば、30歳以下で一定以上の資金があれば行くことができます。留学エージェントを利用するのが便利ですが、個人手配で行くことも可能です。パスポートと航空券とワーキングホリデービザは出発前に必ず準備してください。

以上のように、台湾へ留学やインターンする際のメリットやデメリットなどは様々です。しかし、今後中国語を使った仕事に就きたい方や、海外初心者などには特に向いている場所だと思います。いろいろな資料を見比べて、ぜひ、ご自分にとって最良の留学・インターン先を見つけてみてください。

(Visited 587 times, 1 visits today)

ご利用の流れ

まずは資料集めをしたいという方

資料請求はこちら!!

【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!

資料請求する
Page top
【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!
資料請求
【無料】ご希望の留学先・スタイルにあわせた、より具体的な説明を希望される方はこらちから!
資料請求