留学検討中の方

今注目の成長国家、シンガポールで留学やインターンを経験してみよう!

316 views

英語留学というと、アメリカやイギリスなどの英語圏を考える方が多いかと思います。しかし、今成長が著しいシンガポールも留学やインターン先として大変お勧めなのです。そこで、シンガポールは一体どんな国なのか、留学やインターンをした場合のメリット・デメリットには何が挙げられるかについて見ていきたいと思います。

留学やインターン先として注目のシンガポールはどんな国?

シンガポールは、東京23区と同程度の大きさの東南アジアの小さな島国です。治安は日本と同じくらい良いことで有名で、インフラもしっかり整備され、「アジア経済のハブ(中枢)」として急成長を遂げている国としても有名です。「世界競争力年鑑」でも世界トップクラスに選ばれていて、一人当たりのGDPにおいても日本を抜くほどの成長力を遂げており、ますます注目されています。教育水準も世界でトップクラスのシンガポールには、東南アジアだけではなく、欧米や中国など100カ国以上から多くの人々が留学や就業体験をしに集まってきています。シンガポールでは英語と中国語が公用語のため、英語に加えて中国語も学べるのも特徴です。

シンガポールでの留学やインターンのメリット

シンガポールで留学やインターンを経験する場合、たくさんのメリットがあります。まずは主なメリットについて紹介したいと思います。
・様々な形の英語に触れられ、中国語も学べる
シンガポールでは英語と中国語が公用語であり、学校でも教育言語として英語が使われ、政府機関の文書やビジネス文書なども全て英語が使われています。シンガポールの住民の3人に1人は外国人であり、様々な国からの人々が母語の訛りのある英語を堂々と使っている光景が見られます。日本人はイギリス英語やアメリカ英語にこだわりがちで、発音や文法が正しいかなどを気にし過ぎてなかなか堂々と英語を話せないという方も多いかと思います。そのような方は特にシンガポールで様々な形の英語に触れることで、自然と英語を話す自信がつくでしょう。シンガポールでは中国語も公用語なので、英語に加えて中国語を学ぶことも可能です。
・治安が良い
留学やインターンを経験する上で、渡航先の国の治安の良さはとても大事です。シンガポールの犯罪発生率は日本よりも低く、治安が良い国としても有名です。世界平和度指数ランキングでも16位にランクインしていて、アジアの国の中では日本に続いて2位です。もちろん油断は禁物ですが、普通に生活していれば危険に遭遇することはほとんどないので、安心して留学やインターンを経験することができるでしょう。
・アクセスが便利
アメリカやイギリスなどに留学やインターンに行くのに比べて、シンガポールは日本に近いので、アクセスが非常に便利なことも魅力の1つです。羽田や成田、名古屋などの主要な空港からはシンガポールへの直行便が出ていて、約6~7時間の飛行で着いてしまいます。時差も1時間なので、時差ボケをしなくて済むのも助かりますね。
・東南アジアの中心として著しい発展を続けている
シンガポールは東南アジアの金融や経済の中心地として著しい発展を続けています。国際競争力も世界トップクラスであり、近年、日本からも多くの企業が進出してきています。このような成長著しいシンガポールで、語学を学びインターンを経験することで、非常に多くのことを習得できることは間違いないでしょう。

シンガポールでの留学やインターンのデメリット

シンガポールで留学やインターンを経験する場合、多少なりともデメリットも存在します。ここでは主なデメリットについて紹介したいと思います。
・話されている英語や中国語に訛りがある
シンガポールの英語は「シングリッシュ」と呼ばれ、発音やイントネーションが違ったり、文法を簡略化した英語が話されています。たとえば、文末に「ラー」をつける話し方などが有名です。普段の生活の中では、シンガポール人の訛りのある英語を聞き取りにくいなどの不便はあるかもしれませんが、テレビのニュースのアナウンサーは標準的な英語を話すほか、留学先の語学学校ではネイティブの講師による正確な英語や中国語を学ぶことができるので安心です。
・日本人が多い
シンガポールには多数の日本人が住んでいるので、ついつい日本人だけで固まってしまうという傾向もあります。もちろん日本人が多いと安心できる面もありますが、日本人同士でいつも日本語で話してばかりいたら、英語や中国語を習得するのが難しくなってしまいます。せっかくの貴重な機会なので、意識して日本人以外の外国の人や現地の人とも交流するように心がけ、積極的に英語や中国語を話す環境を作ることが大切になってきます。
・住宅費が高い
シンガポールでは食費や衣料費などは安く抑えられるのですが、自動車と住宅費用が高くなってしまいます。バスなどの公共交通機関が発達しているため、自動車に乗る必要性はほとんどありませんが、住宅費が東京と同じくらいかそれ以上に高いのは留学生やインターン生にはネックとなります。住宅費を抑えるためには学生寮を探すか、シンガポール人の家庭に間借りをするのがお勧めです。

以上のように、成長著しいシンガポールでの留学やインターンは大変貴重な経験と財産になることは確かです。留学やインターン先としてアメリカやイギリスなどを検討している方も、近くて魅力溢れる国「シンガポール」をぜひ選択肢に加えてみてください。

(Visited 316 times, 1 visits today)

ご利用の流れ

まずは資料集めをしたいという方

資料請求はこちら!!

【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!

資料請求する
Page top
【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!
資料請求
【無料】ご希望の留学先・スタイルにあわせた、より具体的な説明を希望される方はこらちから!
資料請求