留学検討中の方

ムーミンを産んだ最北の地フィンランドが社会人留学にオススメな理由

5,829 views

アイスランドに次いで世界最北の国であるフィンランドへ、日本からやってくる留学生の総数は年間たったの100人前後と言われています。
大抵の留学希望者に勧められる英語留学とは違い、フィンランドへの留学は特別な目的を持つ者だけに輝いて映るもの。社会人経験を何年か積んで見識を増やした上で、改めて留学をしたいと考えるしっかり者には、是非お勧めしたい留学先であります。

フィンランドで本格的に専門知識を学ぶなら?

福祉大国として世界的にも有名なフィンランドは、介護や医療関係の留学先として非常に人気があります。大学や大学院の学費は国が負担してくれるので、工面すべきは生活費のみとなるのが、長期で留学をしたい人には有難いところです。フィンランドの物価は高いので格安で留学できるとは決して言えませんが、地方から日本の私立大学へ入学するよりはトータルで安く収まるのかもしれません。

世界的に有名なフィンランド人建築家アルバ・アアルトの影響もあり、建築や家具などの北欧デザインに魅了されてフィンランドを訪れる方も非常に多く、大学や大学院、またはインターンシッププログラムに参加するなど、建築デザイナーを目指す人には興味深いプログラムがいろいろあります。
英語で授業を行っている大学もあり、英語で論文が提出できる大学も多いですが、フィンランド語ができないと必然的に選択の幅は狭まります。
あらかじめ取得したい学部を定めて、本当にフィンランド語を学ぶ必要があるのかどうか、事前に調べておくと良いでしょう。

使用人口が少ないフィンランド語を学ぶ意義

フィンランドの公用語はフィンランド語とスウェーデン語ではありますが、国民のほとんどが流暢に英語を話すので、全くフィンランド語ができない状態で渡航しても、生活に困ることはありません。スウェーデン語を母国語とする人の割合は全体の5%にすぎないので、基本的にフィンランド語が公用語であると理解していていいのかもしれません。

フィンランド語はフィンランド以外では使えない言語なので、あえてこの言語を学ぶ目的は、何か他の分野と直結させて専門性を追求することが求められてくると思います。
環境保護や医療福祉、建築や家具デザインなどの専門分野とプラスして語学も習得できると、帰国した後の展望も大きく広がるはずです。
本格的に大学留学まではしなくとも、短期から学べる語学スクールも多くあるので、興味のある分野にアンテナを張っておいて、カルチャーイベントに顔をだすなど積極的に行動していくだけでも、見識を広げる大きな機会に恵まれるはずです。
社会人留学をされる方は特に、帰国後の職探しに直接役立つような目的意識を持って行動していくと、様々なリスクを背負って留学した効果を最大限に得られるのかもしれません。

アクティビティーが豊富なフィンランド生活

フィンランドで生活することになったら、押さえておきたいアクティビティーは目白押しです。
犬ゾリに乗ってオーロラを見に行くもよし、大自然の中に身を置いて真夜中の太陽を拝む(白夜を体験する)のもまた、一生に一度の思い出になります。世界に一人しかいない本物のサンタクロースに会いに行く、または、サウナでリラックスするなども良いかもしれません。北欧独特のテキスタイルデザインや自然の素材を生かした使いやすい家具、建築もまた、日本では非常にコアなファンが多い分野です。フィンランド生まれのムーミンもまた日本人には大人気で、ムーミン谷博物館やムーミンワールドなどは、フィンランドでしか楽しめないアクティビティーとなっています。

数週間滞在するだけでは味わえきれない魅力が、フィンランドには本当にたくさん詰まっているので、1、2週間のプチ留学ではなく、せめて3ヶ月くらいは滞在できると、よりこの国のあり方が見えてくるのではないかと思います。単純に北欧という環境が留学先として珍しく、留学しているからこそ感じられる現地の文化などを感じることができるのも魅力の一つです。

フィンランド人の心は大自然と繋がっている

フィンランドは近代的なテクノロジーが非常に発展した国でもありますが、自然を愛し共存しようという意識が強い国民性を持った国でもあります。それは決して観光保護の分野だけではなく、医療福祉のあり方から建築デザインに至るまで、この国で生まれ育まれてきた全てにおいて共通していると言えるのかもしれません。
私たち人間も自然の一部であるという考え方が根本にあることが、人と人との関わり方、建築やプロダクトデザインの仕方においても、それが生活に自然に溶け込み違和感なく共存していくように、導いてくれるのかもしれません。

控えめで自己主張をしすぎず相手を敬う誠実なフィンランド人気質もまた、調和を重んじる私たち日本人と共通する部分が非常に多くあり、お互いに受け入れやすい関係であるのも、留学の地としては非常に魅力的です。留学先において、現地の人間の感覚が似ているほど過ごしやすいということは多いです。年齢が高い方々も、留学しやすいのは日本人と感覚が似ているというのも大きく関係しているのかもしれません。


フィンランド留学が社会人留学にオススメなのは、とりあえずどこでもいいから留学経験が欲しいというような、目的意識が薄い人には不向きな留学のスタイルであると思うからです。フィンランド語の使用人口が少ない事が、キャリアアップという意味では語学を学ぶ上で大きなマイナス要因となることから、必然的に語学の他に何か強い目的がフィンランドにある事が、あえてこの国を留学先として選ぶ理由となります。フィンランド語は習得するのが難しい言語であるとも言われています。だからどうしても学びたい理由が必要なのです。何年もフィンランド留学への想いを温めながら社会人経験を積んできたような人は、その覚悟がしっかりできているはずですから、この最北の地からしか手に入れることのできない価値あるものを、日本に持ち帰ることができるでしょう。

(Visited 5,829 times, 1 visits today)

ご利用の流れ

まずは資料集めをしたいという方

資料請求はこちら!!

【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!

資料請求する
Page top
【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!
資料請求
【無料】ご希望の留学先・スタイルにあわせた、より具体的な説明を希望される方はこらちから!
資料請求