留学検討中の方

インターンシップで有名なアメリカ!〜アメリカ留学のインターンシップの人気と特徴〜

437 views

みなさんはアメリカでのインターンシップにどういった印象をお持ちですか?アメリカは世界の有名な企業の本社やビルなどが集まっており、若者から年配の方まで世界で通じるビジネスを学ぶためや、自分自身のスキルアップや就職のために世界中からアメリカに留学しに来ています。それと同じように、アメリカでは奨学金を出すなどサポートする会社も年々増えています。ではそこまでアメリカでのインターンシップが注目されている理由はなぜでしょう?

世界中の企業が集まるアメリカでのインターンシップ

インターンシップとは海外の企業で就労することを望む方のための留学スタイルです。アメリカは様々な国の企業が集まっているためインターンシップで有名な国のひとつです。そのため、アメリカでのインターンシップを通じて、アメリカに進出してきている海外の団体や企業の一員となって働くことで、日本とは違う、より進んだ技術や世界のビジネスの仕組みを学ぶことができます。近年、4年制大学はもちろん、短期大学でも特にアメリカへのインターンシップのプログラムを実施しており、カリキュラムとして取り入れられています。もっとも、アメリカでインターンシップを体験すると、本場の生きた英語に触れ、身につくことも可能となります。日本では習わない英語圏のメールの書き方や電話対応など、ビジネスに必要な英語を身につけておくことで、これからの人生、自ら自信を持ち世界に羽ばたけるようになれるでしょう。そしてなにより、アメリカには様々な企業がありますので、希望の職業のインターンシップを経験したら、就職活動にとても有利となります。そしてこれらの経験は必ずと言っていいほど将来の仕事に役に立つことでしょう。

アメリカでは自分にあったインターンシップが見つかる!

留学生がインターンシップをする方法はいくつかあります。まずひとつは、短期間の語学留学とインターンシップ。アメリカは英語圏ですので、英語学校の中の上レベルがクリアしていることが最低条件という、留学生にとっても厳しい壁ですが、この体験では普段では耳にしない本場のアメリカでのビジネスの英語が身につき、アメリカという世界から人々が集まってくるような国際的な国で一味違った経験をするのも人気の理由のひとつです。もうひとつの方法は、すでに大学や短期大学のプログラムに含まれているインターンシップのコースです。たくさんの会社や学校がアメリカの企業へのインターンシップを連携していることはよく耳にしますよね。これも先ほどとは違う魅力があります。大学のプログラムと連携しているということは、自分が今まで学んできた教科や専門分野に関連していてなお、アメリカという世界のビジネスの中心で最も新しい経験をすることができます。アメリカは世界中から注目を浴びている進んだ技術を持っている職場などが多々あるため、他の国では経験できないようなことを経験することができるでしょう。

試験が他の国より易しいアメリカ

実は、残念ながらインターンシップをすることができない人も中にはいます。インターンシップと言えど、社会の団体の一員となって働くことには違いありません。特に、英語が全く分からず話せない方に仕事を回そうとも考えないでしょう。アメリカでインターンシップをするにあたって、必要最低限の英語力は必須です。まず一般的には18歳以上が対象となっています。インターンシップに望ましいと言われるTOEICの最低英語レベルは600点です。アメリカでは今や日本人の多くの人が受けたことのあるTOEICが必要となっています。他の国ではTOEICの他にも要求してくる企業もありますので、慣れているTOEICを提出できるアメリカは日本人にとっても良いでしょう。もちろん、アメリカにもTOEICの他も要求する企業はありますが、他の国より易しくなっています。職場の人間はもちろん、顧客もネイテエィブスピーカーが多いため、十分な英語力は必要不可欠となっています。そしてかなり高いコミュニケーション能力も必要とされています。アメリカの大学に通っている外国人や日本人の方は、他のインターンシップのためだけに留学している人たちよりも優位でしょう。大学の先生からの推薦や大学の先輩からのアドバイス、そして高度な英語力を持っているので、アメリカの大学に通われている学生は高確率でインターンシップをすることができるでしょう。ただ、アメリカは英語圏であり、日本人も他の国からインターンシップにきている人々より数が少ないこともあり、日本人を求める企業も少なからずあるため、アメリカへのインターンシップは他の国に行くよりは易しいでしょう。

アメリカ留学でのインターンシップは一見大変のように聞こえがちですが、ある程度の英語力と社会に順応する力を持っていたらすぐなれることができます。アメリカでインターンシップができるようになるまで英語力を身につけなければなりませんが、実際にインターンシップとして働くと本場の英語を学び、自分自身のスキルアップと自信につながります。そして、海外からアメリカに集まる企業が多いので、その中でインターンシップとして働けることは、将来大きく活躍したい人にとってこれほどいい話は他にはないでしょう。

(Visited 437 times, 1 visits today)

ご利用の流れ

まずは資料集めをしたいという方

資料請求はこちら!!

【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!

資料請求する
Page top
【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!
資料請求
【無料】ご希望の留学先・スタイルにあわせた、より具体的な説明を希望される方はこらちから!
資料請求