留学検討中の方

海外留学で退職は必要か

1,076 view

社会人が海外留学を決行するにあたり、退職は必要か否か? 一般論として言うならば、退職が不可避というわけではないにしても、退職を伴わざるを得ないケースは少なくないと言えるでしょう。

社会人が現在の勤め先に所属したまま海外留学に行って帰って来る(復帰する)ことが可能かどうかは、勤め先の福利厚生の状況にもよります。長期休暇・休職を認めてくれたり、会社によっては研修の一環として奨励していたりする場合もあります。

担当部署や上司の方に相談した際、反応に難色が色濃いような、あまり歓迎されないような雰囲気が濃厚な場合は、社内制度の活用は難しいかも知れません。検討してもらっても時間がかかったり、留学にこぎつけても復帰後に気まずさが残る場合があります。反応次第では、留学プランを大幅に短縮する、あるいは、やはり思い切って退職に踏み切ってしまうというのも一手でしょう。

社会人の留学は、留学目的を明確にして挑むことが何にも増して重要となります。海外に渡ってからさて何をしようか、といった取り組み方で社会人生活の貴重な時間(と資金!)をムダにしてはいけません。留学で磨く対象が語学であってもビジネススキルであっても、留学前の準備期間中に国内で学べる限りは学んでしまって、留学そのものは総仕上げ、集大成、あるいは本番試験といった位置づけで望む意気込みが必要でしょう。

(Visited 1,076 times, 1 visits today)

ご利用の流れ

まずは資料集めをしたいという方

資料請求はこちら!!

【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!

資料請求する
Page top
【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!
資料請求
【無料】ご希望の留学先・スタイルにあわせた、より具体的な説明を希望される方はこらちから!
資料請求