留学検討中の方

社会人の留学プランの立て方

1,034 view

社会人の方で「語学留学をしてみたい、でも今の仕事生活を維持したい」とお考えなら、連休を利用した数日の体験留学に行ってみてはいかがでしょうか。

数日の滞在期間でとことん勉強し尽くすことはさすがに困難ですが、海外の風情を堪能することは十分に可能です。勉強半分で観光半分の、心身のリフレッシュと捉えてもよいかもしれません。

数日程度の短期間でも、体験入学が可能な学校はあります。留学としての成果も得られるでしょう。

ただ、連休を利用して無理なく海外に行って帰って来ようとすると、世間一般の連休とタイミングが重なりやすく、海外旅行シーズンにぶつかってしまいやすい点には注意が必要です。チケットの手配は難しくなり、チケット代も閑散期に比べて割高になりがちです。

あるいは、有給休暇が十分にあって活用できるなら、数週間ほど滞在できる海外留学も視野に入ってくるでしょう。この位の滞在期間になると、「海外で生活を送る」ことが体感できます。海外スクールの集中講義や専門学校の短期集中コースも受講しやすくなり、より充実した留学生活が送れます。

社会人の留学は語学留学だけとは限りません。ある程度の英語力が身についているなら、英語を通じて専門分野を学ぶスキルアップ留学を考えてみてもよいでしょう。米国をはじめとするビジネス先進国にノウハウや考え方を学ぶことで、キャリアアップへの活路が開けるかもしれません。

最近では、会社が従業員のステップアップを支援するために留学などを目的とした中長期の休暇を認めてくれるところも増えています。ご自身の勤め先に奨励制度があるかどうか、いちど確認してみて損はないでしょう。

(Visited 1,034 times, 1 visits today)

ご利用の流れ

まずは資料集めをしたいという方

資料請求はこちら!!

【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!

資料請求する
Page top
【無料】「どれぐらい費用がかかるの?」ご希望の留学先やスタイルに必要な費用について情報満載な資料をお届け致します!
資料請求
【無料】ご希望の留学先・スタイルにあわせた、より具体的な説明を希望される方はこらちから!
資料請求